Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /home/www/medicaldermalight.com/system/database/mysql.php on line 6
Warning: session_start(): Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/www/medicaldermalight.com/system/database/mysql.php:6) in /home/www/medicaldermalight.com/system/library/session.php on line 11Warning: session_start(): Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/www/medicaldermalight.com/system/database/mysql.php:6) in /home/www/medicaldermalight.com/system/library/session.php on line 11Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/www/medicaldermalight.com/system/database/mysql.php:6) in /home/www/medicaldermalight.com/index.php on line 168Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/www/medicaldermalight.com/system/database/mysql.php:6) in /home/www/medicaldermalight.com/system/library/currency.php on line 45 NB-UVB紫外線療法とは
ショッピングカート
0 アイテム
 

NB-UVB紫外線療法とは

NB-UVB(ナローバンドUVベータ波)紫外線療法とは、太陽光に含まれるUVA、UVB、UVCの各波長の紫外線のうち、皮膚治療に有効性が確認された、中波紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線(NB-UVB)を照射して皮膚治療する方法です。

紫外線のうち、NB-UVB(ナローバンドUVB)は、皮膚の正常生成に必要なビタミンDの生成を助け皮膚免疫力をアップさせます。
このナローバンド紫外線治療法は、オランダフィリップス社で蛍光管(フィリップスTL01)が開発されると共に治療法として普及し始めました。
この波長では、皮膚を赤くしたりヤケドさせる300nm以下の波長をカットすることにより副作用を大幅に少なくすることが可能になり、現在では尋常性乾癬を初めとして、アトピー性皮膚炎、尋常性白斑、多形日光疹、菌状息肉症、円形脱毛症などの治療に用いられ、より安全に効果的に紫外線治療が行えるようになりました。

日本では、一部の皮膚科医や大学病院で大型機械による紫外線治療が受けられますが、週に何度かの通院や費用的な負担を軽減できることから、欧米ではコンパクトなタイプの紫外線治療器が家庭用として発売、利用されています。

ナローバンドUVB紫外線療法では、太陽光による日焼けや従来の紫外線療法よりも副作用や皮膚へのダメージといった治療リスクが格段に少ないと言われていますが、下記のような方は、利用を控えてください。
・日光や紫外線で悪化する病気を持病の方(日光過敏症)
・以前に皮膚ガンや前ガン状態であった方(日光角化症)
・免疫抑制療法を受けている方
・妊娠中、授乳中の方

また特に皮膚が敏感な方(もちろん一般的な利用者の方も)は、照射時間や範囲などについて、事前に専門医師にご相談される事をお勧めします。
※オランダフィリップス社蛍光管(フィリップスTL01)は、日本を含めた世界各地で大学病院などの医療機関でも使用されている紫外線療用蛍光管です。
※家庭での治療に当たっては、必ず防護メガネを着用し、目を保護することが必要です。
※長期間の過度な紫外線照射は体に害を及ぼす可能性を否定できません。治療に際しては、毎回の適切な照射時間を守り、様子を見ながら続けていくことが重要です。
 

Wikipedia-紫外線 紫外線療法「ナローバンドUVBについて」(関西乾癬サポートシステム)